葉酸の欠乏が引き起こす恐ろしい病気!野菜やサプリで簡単に改善

管理人

はじめまして。
管理人のサヨコと申します!

 

女性はもちろん、男性にも進んで摂取して頂きたい『葉酸』。
葉酸が欠乏してしまうと、様々な病気を引き起こしてしまいます。
このサイトではいつまでも健康でいられる様に、サヨコおすすめの改善方法をご紹介!
葉酸についての事なら何でも掲載していきます。皆さんが健康になれるようサポートができたら嬉しいです♪

 

葉酸の効能効果とは?働きと1日の摂取量について

葉酸が体に大切な栄養素とは知っていても、

  • 実際のどのような働きをしているのか?
  • 葉酸を摂取する目的はなんなのか?

これを皆さんはご存知でしょうか?
また、摂取目安量もわからない…という方がいるのではないでしょうか。
では、葉酸について詳しく紹介していきますね。

 

葉酸ってどんな働きをしてるの?

葉酸はビタミンB群の仲間でもあり、細胞が作られていく際に必要となる栄養素です。

 

働きの例として、赤血球が巨大になる悪性貧血を予防する働きがあります。
他に代表的な働きとしては、核酸の生成の際に細胞の再生を補助すること。
遺伝子の異常によって奇形児がうまれたりガンになったりするのは、DNAの配列と関係があると言われています。
核酸はこのDNAの成分なので、葉酸は細胞に働きかける効果があるんですね。

 

なぜ摂取した方が良いの?

葉酸を摂取する目的は主に、妊活中であったり、妊娠中だったりする際の栄養補給として大切になるからです。
健康的に育ってもらうために飲むというのもありますが、先天性奇形の予防として飲まれるのが摂取する理由の大きな一つです。

 

葉酸を摂取していく事によって先天性奇形の可能性を下げるとされている事もありますし、神経管閉鎖障害や悪性貧血を予防するためにも役立っているのです。

 

1日の摂取量はどれ位がいいの?

妊娠している人

葉酸の1日の摂取目安量としては、厚生労働省から1日に400μgの摂取が推奨されています。
また、葉酸は過剰摂取すると副作用が起こる可能性が心配されているため、サプリなどで摂取される場合には、指定の量を守った上で飲み続ける事が大切です。

 

葉酸は熱などに弱い性質であるため、食事からだと摂取しづらい特徴があります。なので、葉酸を摂取する際にはサプリメントを飲まれる方が多くなっています。

 

妊活されている時、葉酸が大切という事を知ってはいるものの、実際の効果や働きを知らないという方も多かったかもしれません。
こうして知ってみると、重要な栄養素という事が分かりますね。
子供を作りたいと考えている時には特に、葉酸を必要な量だけ摂取するようにしてみましょう。

葉酸の欠乏が引き起こす恐ろしい病気の症状・原因とは?

病院の先生

 

葉酸が欠乏すると、様々な異常を起こしてしまう可能性があります。
また、欠乏する事によって病気を起こしてしまう心配があり、中には深刻な疾患であるものもみられます。

 

葉酸の欠乏によって発症する疾患や症状・原因についていくつかご紹介します。

 

葉酸欠乏症

葉酸欠乏症とは、体内で葉酸が不足してしまう事で引き起こされる疾病です。
葉酸が不足すると巨赤芽球性貧血という貧血が起こります。
これは、赤血球の容積が大きくなる事で、酸素を運ぶという赤血球そのものの機能が低下してしまうものです。

 

原因としてはやはり葉酸の摂取量が不足しているという事が中心となりますが、その他にも原因がいくつかあると言われています。
授乳期まで女性は一般的な方より多くの葉酸を必要としますが、授乳期が終われば、通常の必要量に戻り、巨赤芽球性貧血も治ると言われています。

 

また、この貧血は葉酸欠乏性貧血とも言われています。

 

認知症

葉酸欠乏症と認知症は関連していると考えられています。
また、これは葉酸だけが不足しているために起こるという事ではなく、ビタミンB12も不足している事で、認知症を起こしてしまう事があるとも言われています。
いずれの栄養素も認知症のメカニズムの関連性がある栄養素です。

 

認知症は脳の神経細胞を健康に維持する事が難しくなっている状態やホモシステイン値が上昇してしまっている事が認知症と関連しています。
そこで、葉酸が欠乏すると細胞の生成が適切に行われず、それが認知症の原因に関連しているという事です。
ホモシステイン値が上昇してしまうのを葉酸が抑制してくれている働きがあるので、十分に足りていれば役割を果たす事ができます。

 

また、すべての認知症に葉酸不足が関係しているわけではなく、葉酸の欠乏とは無関係の認知症も存在します。

 

神経管閉鎖障害

葉酸の欠乏と関連している疾患として、神経管閉鎖障害があげられます。
これは胎児に悪影響があるという事ですが、神経管閉鎖障害は先天性の疾患の一つです。妊娠初期の際、胎児の細胞分裂は頻繁に行われます。
しかし、その過程で脊髄に関する細胞分裂が適切に行われず、脊髄がしっかり結合しない事によって何らかの障害を持って生まれるのです。

 

脊髄を大きく分けると上部と下部に区別されますが、このどちらが適切に結合していないかによって症状が異なります。
上部に神経管がうまく結合していないと、無脳症を発症する心配があり、生後すぐになくなるケースがあります。

 

対して下部の結合がうまくいっていないと、二分脊椎症と言われる下肢に障害を持って生まれる事があるのです。

 

粘膜への影響

葉酸が不足する事によって、細胞分裂が正常な状態より滞ってしまう事となります。
そうすると、本来より代謝が低下してしまう事となり、結果的に免疫機能が低下したり、消化器官に異常がみられたりする原因になるのです。

 

そこから、同期や息切れ、倦怠感などの症状がみられる事があるほか、体の中でも細胞の入れ替わりが激しいとされる粘膜に胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こしてしまう事があるほか、舌炎や口内炎の症状がみられやすくなります。
さらに、動脈硬化が起こりやすくなってしまうため、妊娠高血圧になる可能性があります。

 

白髪が増える

体内でどれだけ葉酸が不足しているのかという状況は判断しづらいですが、その一つとして髪の毛のチェックがあげられます。
葉酸やビタミンB12が不足する事により、髪の毛を黒くしてくれるチロシンと言われる栄養素が作られづらくなります。
すると、髪の毛に色素が入らなくなってしまうため、白髪が増える事があるのです。

 

しかし、白髪の原因はストレス、睡眠不足、喫煙などの別の要因もあるため、一概に葉酸が不足しているとは限らないものでもあります。

 

葉酸が不足すると、これらのような深刻な疾患、症状を引き起こす原因となりかねません。
貧血も心配される症状ではありますが、胎児に悪影響を与える事の無いように、妊娠前や妊娠中に関しては、しっかり葉酸を摂取するように心がけておいた方が良いかもしれません。

葉酸を手軽に簡単に摂取出来る!人気のおすすめサプリメント紹介!

葉酸サプリを飲み始めてみたいと考えていても、種類が多くてどれにすれば良いのかわからない、飲み方がわからない、副作用が心配といった事などがあると思います。
これらの知識を紹介しますので、参考にしてください。

 

サプリの飲み方について

サプリメント

サプリの飲み方についてですが、基本的に飲む量は各商品の摂取目安に準じて飲まれるようにしましょう。
多くの商品は厚生労働省が推奨する1日あたり400μgほど葉酸が取れるように設定してあります。

 

また、サプリを飲む時はお腹の調子が良くない方は食後、吸収率を高めたい方は食前がおすすめです。

 

葉酸サプリを飲む時は水、あるいはお湯で飲むのが適切です。
カフェイン飲料やアルコールでの摂取は避けるようにしましょう。

 

サプリの選び方について

葉酸サプリを選ぶ基準はいくつかあります。

 

まず、1日に400μg摂取できる十分なサプリを選びます。
健康的な部分も考慮すれば、別の栄養素も豊富である方が望ましいです。

 

特に、妊娠するとカルシウムやミネラル、鉄分が不足しやすいので、このあたりはチェックしましょう。

 

また、安全性の確保として、GMP認定工場で生産されていたり、添加物を使用していなかったりする方が、飲み続けるのであれば安心です。

 

副作用について

妊娠時期で必要な葉酸の量は1日に400μgで、多くても1000μgです。
1日に1000μg以上の葉酸を摂取すると、食欲不振や不眠症、吐き気、むくみなどがみられる事があります。

 

また、発熱が起こったり、毛細血管が拡張する事による皮膚の斑点がみられたりする心配もあります。
葉酸は大切な成分ですが、過剰摂取は母体、胎児へ悪影響を与える可能性がありますので、目安を守り、サプリを飲んでいくようにしましょう。

 

葉酸サプリをこれから飲みたいと考えている方はまず、葉酸サプリに関する正しい知識を身につける事が大切です。
選び方はもちろん、1日にどのくらい飲めば良いのかという事を知るほか、副作用のリスクまで把握し、安心して飲み続けられるようにしましょう。

 

管理人がおすすめする葉酸サプリ「ララリパブリック」

ララリパブリック

葉酸を摂取したいという方は、商品の種類が多すぎるために、何にすれば良いのかわからないという事があるはずです。
葉酸サプリの中でも人気商品の一つが「LaraRepublic(ララリパブリック)」です。

 

このサプリメントがどのような商品なのか、いくつか情報や口コミを紹介します。

 

「ララリパブリック」の特徴

ララリパブリックのサプリは葉酸摂取が幅広く浸透しているアメリカやフランスでも人気を獲得しています。
吸収率の高いモノグルタミミン酸型の葉酸を400μg配合しており、さらに国産にこだわっている8種類の野菜ミックスパウダーが配合されているため、幅広い栄養素を摂取する事ができます

 

また、妊娠中に不足しやすい鉄やビタミン、カルシウムやミネラルが配合されています。
美容や健康食材も配合され、GMP認定工場で生産されているため、安心して飲み続ける事ができます。

 

「ララリパブリック」のおすすめポイント

LaraRepublicのおすすめポイントはやはり、国産にこだわって厳選した野菜を使用している部分です。
大麦若葉、ケール、さつまいも、ほうれん草、かぼちゃ、人参、桑の葉、大葉など、どの原材料も国産です。

 

また必要となる栄養素がバランスよく配合されており、葉酸、ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウム、野菜、美容成分など、健康的かつ美容的に良い成分が豊富なので、あらゆる面でサポートに期待できます。

 

「ララリパブリック」の口コミ・評判

葉酸サプリを探している中、ネットで偶然LaraRepublicを見つけました。
価格以上の充実感が得られたというのが、飲み続けた印象です。
葉酸はもちろん、その他の栄養素が豊富なので、体の調子も心なしが良いと思います。
1ヶ月とりあえず続けて考えた結果、しばらく続ける事に決めました。
(Y.Kさん 30代)

以前は別の葉酸サプリを飲んでいましたが、個人的にあんまり気に入っていませんでした。
買い換えようと思っていた時に、特に気になったのがララリパブリックだったので買いました。
クセがありませんので飲みやすいですし、葉酸とは別に美容成分が含まれているのも魅力に感じましたね。
品質的に安心して飲めるのも良いと思います。
(A.Wさん 30代)

生まれてくる赤ちゃんのためには色々お金も必要。
葉酸サプリはいいものを使いたいけど質の悪いのは赤ちゃんのためによくないだろうし・・・。
とあれこれさんざん悩んだ挙句に見つけたのがララリパブリック。
サプリ自体に含まれているものはしっかりしていて、それでいて1か月2980円で済むというのはとても魅力的でした。
つわりも軽減されて、快適な妊娠生活を送っています。
(Gさん 20代)

妊娠したいために飲むものですから、やはり気になるところはそのサプリ自体の安全性。
ララリパブリックはどの食材がどこの産地で作られているのかをはっきり明記してくれているのでとても信頼できます。
しかも産地だけでなくどの国で加工されたかまでをちゃんと公開してくれているのも安心感がわきますよね。
生理周期も安定してきたし、続けていきたいサプリです。
(Oさん 30代)

妊活している嫁のために選んだララリパブリックですが、ビタミンミネラル、鉄分カルシウムなど、他の栄養素も豊富に含まれているので、自分も一緒に飲むことに!
低血圧ぎみで朝起きづらかった体質が朝すっきり起きられるようになりました。
肌の調子もよくなってきたような気がするし、なんだか生き生きと生活できていているのでよかったです。
(Uさん 30代)

妊娠初期のつわりがひどく、他の葉酸サプリにある特有のにおいが受け付けられなかったので、ララリパブリックに変更してみることにしました。
飲んでみると錠剤の大きさもお手ごろだし、においも気にならなかったので体調が悪くても毎日続けられるようになりました。
体の調子もいいし、赤ちゃんが生まれてからも続けたいです。
(Hさん 20代)

葉酸サプリって、なんか妊活中丸出し感が嫌だなーと思っていたのですが、ララリパブリックのボトルはデザインも良く、葉酸サプリだってわかりにくいのがうれしいです。
鞄に入れておいて、外出先でも食後とかに気軽に飲めるので助かっています。
(Dさん 20代)

 

LaraRepublicの特徴やおすすめポイントを知ると、他の商品とは異なる良い部分が見えてくると思います。
また、利用者の方々も良い評価をしているところが多くみられますので、葉酸サプリをお探しの方は一度、チェックしてみてはいかがでしょう。

野菜・果物から葉酸を摂取するにはどの食材・食品が良いの?

葉酸の多い野菜

葉酸を摂取したいと考えている時、サプリからではなく、できれば食材から摂りたいと考えられる事はあるのではないでしょうか。
しかし、1日にどんな食品や野菜を食べたり、どのくらい食べたら良いのかという事がわからなかったりする事もあると思います。

 

そこで、食事から葉酸を摂取するための知識を紹介します。

 

葉酸が豊富な野菜

ほうれん草

葉酸を摂取できる野菜として、ほうれん草があげられます。
100gに含まれる葉酸は生で210μgです。
茹でたとしても110μg含まれています。

 

葉酸以外の栄養素も豊富なものの、アクにはシュウ酸が含まれるため、生での食べ過ぎには注意しましょう。

 

ブロッコリー

ブロッコリーは茹でた場合でも100gに120μgの葉酸が含まれています。
葉酸以外の栄養素も豊富で、特にビタミンCの含有量が多いのが特徴です。

 

風邪の予防にも効果的なので、妊娠中に望ましい野菜です。

 

枝豆

枝豆には100gに260μgの葉酸が含有しており、豆がさやに守られているため、茹でた時の葉酸の消失が少ないのが特徴です。
あらゆる料理にアレンジしやすく、日常的に食べやすい野菜の一種です。

 

モロヘイヤ

葉酸が含まれる量が多い青菜類で、中でもモロヘイヤが良いです。
100gに250μgもの葉酸を含有しており、スープにする事で溶け出した葉酸も摂取できます。

 

ネバネバ系の野菜として、スタミナをつけやすい特徴もあります。

 

葉酸が豊富な食材

納豆

納豆には1パックあたり60μgの葉酸が含有されています。
加熱せずに食事に取り入れる事ができるほか、冷凍すれば保存もきく特徴があります。
夏場などのスタミナをつけたい時に良いです。

 

焼き海苔

焼き海苔には100gに1900μgもの葉酸が含有しています。
一食分は約3gほどが一般的ですが、その量であっても60μgほどの葉酸を摂取する事が可能です。
味付け海苔にも豊富な葉酸が含まれています。

 

たたみいわし

たたみいわしには100gに300μgの葉酸が含有しています。
食事に取り入れる事はもちろん、おやつとして口にする事もできるため手軽です。

 

また、カルシウムも摂取できるほか、高たんぱく質で低脂肪であるため、ダイエット中にもおすすめです。

 

エリンギ

エリンギには100gに88μgの葉酸が含有しています。
ほかにも、カリウム、食物繊維、ビタミンDなどの栄養素も含まれています。
特にカリウムは高血圧などの症状に役立ちますし、食物繊維は妊娠中の便秘の症状に効果的です。

 

葉酸が豊富な果物

いちご

イチゴには100gに90μgの葉酸が含有しています。
ビタミンCが豊富で、水洗いするだけで食べられるので、デザートなどで摂取しておくと良いでしょう。

 

バナナ

バナナには100gに26μgの葉酸が含有しています。
エネルギーの元となる栄養が豊富で、朝食としても食べやすい食材なので、積極的に食べられると良いです。

 

それぞれどれくらい摂取したら良いの?

管理人

葉酸を含む食材がいくつかわかったら、次はどのくらい食べると良いのかという事です。
葉酸は過剰摂取すると副作用を起こす心配があるため、厚生労働省が推奨する、1日あたり400μgという目安を守っておくと安心です。

 

例えばほうれん草とブロッコリーを茹でて昼食に食べ、夜食に枝豆を食べるといったように、含有している葉酸の量をある程度計算しつつ、食事に取り入れていくのが良いでしょう。

 

葉酸は熱に弱いため、加熱すると半分以下になる事が多いです。
生で摂取する場合には、茹でるなどの加熱を行った時より多くなるため、過剰摂取しないように注意しなければなりません。

 

また、これらの食材を取り入れる場合には、葉酸サプリは避けておいた方が、過剰摂取せずに済みます。

 

妊娠前や妊娠中、そして授乳期に大切な成分とされている葉酸ですが、食事からしっかり摂取するというのも、様々な栄養素を摂取できるのでおすすめです。
サプリだと手軽に摂取できるメリットはありますが、食材から摂取するように、健康的な食生活を送れるように色々と献立を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ・葉酸の欠乏を防いで、健康的な生活を送りましょう!

管理人

葉酸は、厚生労働省も推進している程重要な成分の1つです。
妊娠・妊活中の方はもちろん、男性にも進んでとって頂きたいですね。

 

葉酸についてのことなら、随時更新していきます!
詳しくは、左のメニューから御覧くださいね★